ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

facebook

facebook

facebook

facebook

学びを通して出会った仲間 US13藤原多聞

学びを通して出会った仲間 US13藤原多聞

同窓生コラム 学びを通して出会った仲間

はじめまして、US13 藤原多聞といいます。
私は2回のほろ苦い起業経験をし、大学にも行けてないので、学ぶなら学問として経営を勉強しようと勢いだけでBBT大学院のドアをノックしました。書店で平積みしてあるビジネス書を読み漁るだけでは限界を感じていたからです。
無知だった私はドアの向こうの広大な世界を知らぬままBBTのドアを開いてしまいました…

「どこのコミュニティに属しているのかが重要」

よくMBA取得して良かったことの代表的な理由として「人脈の構築」「学びを通して出会った仲間」を耳にしたことありませんか?
自分もそう言います!BBT大学院には様々な業界で活躍されている方が本当に多く、本気出せばトランプ大統領にもたどり着けるのではないかと軽く錯覚してしまう程多彩です。

では何故大学院、MBA等で築いた人脈、仲間が素晴らしいと言えるようになるのか私なりに少し考えてみたいと思います。

「学ぶだけではもったいない!積極的にコミュニティに参加しよう」

今後は働き方改革が益々進み、個人の力の重要性は更に強くなるはずです。そうすると、どの大企業に所属しているかという看板や肩書きよりも、どのコミュニティに関わっているかで、自分自身が成長するか、更には変わることができるか、とても重要なポイントではないかと私は考えています。
きっとBBT大学院界隈のコミュニティにいると、サラリーマンでは味わった事ない上質で鮮度高い情報に浸かっている事ができるはずです。

Webなど仮想空間だけでなく、BBT大学院にもしっかりとリアルな場もあります。BBTビジネインキュベーションセンター通称BICでは、実践的な起業支援を受けるコミュニティがあります。起業家のトークイベントや仲間のピッチイベントへよく参加しては、刺激をもらうようにしています。
他にも、BBT大学、アタッカーズ・ビジネススクール、Bond-BBT MBA大学院の在学生や卒業生にも、とてもユニークなキャリアの方が沢山いらっしゃいまして汗。この人面白いなと興味持ったら、声をかけては会いに行くようにしています。皆快く面会してくれます。このように積極的に多様なネットワーキングできるのもBBT大学院の醍醐味ではないでしょうか。

「起活会(きかつかい)」をよろしく!

最後に私事ですが、昨年より大学院の同級生達が、自分の人生の「活きる」事を「起業」と定義し、ひとりでも多くの起業家を輩出する生態系を作る事を目的とした「一般社団法人起活会」の立ち上げに、微力ながらお手伝いをさせて頂きました。
大学院起業論担当教授でもある松本孝利先生に顧問として賛同して頂いていますので、お時間あるときでも遊びに来て下さい!

—-

US13 藤原多聞 Fujiwara Tamon
1974年東京都上野生まれ・浅草在住(実家は氷問屋)
▷所属 株式会社アップライブ ▷社会活動 一般社団法人起活会(監事)、swarm.tokyo(代表)
↓友達申請よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/tamon.fujiwara
—-

ALUMNI MISSION

本同窓会は、BBT大学院同窓生間の親睦を図り、会員相互のネットワークを活性化し、
各会員の事業の成功を相互扶助することに努めるとともに、BBT大学院の発展に貢献していきます。

また、同窓生が切磋琢磨しながら有形無形の形で結びつき、同大学院の建学の精神に則り、
ビジネス社会をはじめとした各界で活躍することにより、世界社会に貢献することを目指します。
ALUMNI  MISSION

BBTABC
BBT Alumni Business Conference
BBT大学院修了生による社会価値向上を促進するために

切磋琢磨と叱咤激励による、イノベーションの意欲の触発、建学の精神の再認識
BBT 大学大学院修了生全期一斉の「その後」を集結したカンファレンス。修了生の活躍を可視化することをきっかけに、大企業内、ベンチャー問わずイノベーションを起こす意欲を触発し、また建学の精神の意義を再認識する機会を目指します。また毎年100人以上増加する新修了生を含む、修了全期が加わるプログラム構成により、修了生相互の横断的なコミュニケーションを創発し、良好な関係を醸成していきます。

学舎への貢献
益々発展していく学舎の修了生として、学舎への貢献機会の認識と、貢献の向上を図り、新たに学び会う仲間への継続的に発展していく力を生み出していきます。


Media Information

More