ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

facebook

facebook

facebook

facebook

久しぶりに入学時のエッセイを読んで感じたこと US13村上昌也

久しぶりに入学時のエッセイを読んで感じたこと US13村上昌也

同窓会コラム 久しぶりに入学時のエッセイを読んで感じたこと

US13の村上昌也です。

先日、久しぶりに入学時に提出したエッセイを読み返しました。

当時の懐かしい思いを感じるとともに、昔の日記を見ているようで、少し赤面してしまいました。

あれから5年。

基本的にやりたいことは変わっていませんが、エッセイを書いた当時より、今は、より鮮明に具体的な行動イメージが見えるようになりました。

入学したBBT大学院で、何を学んだのか、自分にとってどういう影響があったのかを、少し書いてみたいと思います。

¶考えていたようで、実は考えられていなかった自分に気づく

改めて書くまでもありませんが、入学後の勉強はハードでした。

インプットの量もさることながら、アウトプットの量も膨大で、また、すべての科目において、「考えること」が求められたからです。

この「考えること」が、私が入学前に持っていたイメージと全く異なっていました。

入学前の私の「考える」とは、「問題を解く」こと。
BBTの「考える」とは、「問題を定義する」ことでした。

「これは、大変なところに来てしまった。。。」

と正直思いました。

しかし覚悟を決めて学んでいくうちに、考えることが楽しくなってきました。

学びによって、確実に自分の世界が広がる事を実感したからだと思います。

また、これまでの自分は考えていたようで考えられていなかった、ということを痛感しました。

¶自発的な学びに勝る物はない

学ぶことが「楽しい」というのは、とても貴重な経験でした。

自慢ではありませんが、学ぶ事を「面白い!」と思ったことは、これまでありませんでした。どこか、学ぶ事に義務感を感じていたからだと思います。

BBT大学院での学びは、実践で役立つ内容で、とても刺激的でした。また、自分から100%参加しないともったいない、と思えるほどでした。

自分のマインドひとつでここまで違うのか、ということを痛感しました。

¶自分のやりたいことのために継続して勉強する習慣が最強

私がBBT大学院で身につけた、もっとも価値のあることは、

「自分のやりたいことのために継続して勉強する習慣」

でした。

そんな当たり前のこと?と思ったかもしれません。

ただ、私にとっては、当たり前ではありませんでした。

どうして、継続して勉強する習慣を身につけることが出来たか?

それは、同窓生の存在が大きいと思います。

BBT大学院の卒業生は、ビジネスで活躍している人がたくさんいます。
私のクラスも例外ではありません。

彼らの活躍を聞くたびに、自分も頑張ろうという気持ちになれます。

また、自分も活躍して、BBT大学院の同窓会に、積極的に貢献していきたいです。

入学時のエッセイを読んで、BBT大学院での学びを振り返ってみました。

みなさんも、ご自身のエッセイを久しぶりに読んでみてはいかがでしょうか。

自分の成長を実感したり、何か、面白い発見があるかもしれません。

US13 村上 昌也
1975年和歌山県那智勝浦町生まれ。高卒でシステム開発会社に入社。その後、複数の企業に勤務し、システム開発や導入支援、自社のIT企画等、様々な立場から企業情報システムに関わる。BBT大学「ITと経営」LA。

ALUMNI MISSION

本同窓会は、BBT大学院同窓生間の親睦を図り、会員相互のネットワークを活性化し、
各会員の事業の成功を相互扶助することに努めるとともに、BBT大学院の発展に貢献していきます。

また、同窓生が切磋琢磨しながら有形無形の形で結びつき、同大学院の建学の精神に則り、
ビジネス社会をはじめとした各界で活躍することにより、世界社会に貢献することを目指します。
ALUMNI  MISSION

BBTABC
BBT Alumni Business Conference
BBT大学院修了生による社会価値向上を促進するために

切磋琢磨と叱咤激励による、イノベーションの意欲の触発、建学の精神の再認識
BBT 大学大学院修了生全期一斉の「その後」を集結したカンファレンス。修了生の活躍を可視化することをきっかけに、大企業内、ベンチャー問わずイノベーションを起こす意欲を触発し、また建学の精神の意義を再認識する機会を目指します。また毎年100人以上増加する新修了生を含む、修了全期が加わるプログラム構成により、修了生相互の横断的なコミュニケーションを創発し、良好な関係を醸成していきます。

学舎への貢献
益々発展していく学舎の修了生として、学舎への貢献機会の認識と、貢献の向上を図り、新たに学び会う仲間への継続的に発展していく力を生み出していきます。


Media Information

More