ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

知のネットワークは人間の能力を無限に伸ばす UF09瀧澤雄一朗

知のネットワークは人間の能力を無限に伸ばす UF09瀧澤雄一朗

同窓会コラム:知のネットワークは人間の能力を無限に伸ばす

■人生の転機となるBBTでの経験

在学中は皆さんと同じように、
・毎週RTOCSの提出〆切に追われ、
・次々アップされる新たな講義とAirCampusのディスカッションで鎬を削り、
・ACで学んだことを実務で使いながらビジネススキルを身につける、
という日々を送っていました。

私が在学していた当時はまだAC Mobileも無く、毎日満員電車に揺られて出勤する私にとっては、自宅でPCに向かう時間が唯一の「BBT時間」でした。(gigabeatというツールもありましたね。懐かしい)。
正直、そんな毎日の学習時間がプライベートを犠牲にする場面も少なくありませんでした。
しかし、BBTで学び始めてからは仕事の仕方も変わり、責任のある立場も任せてもらえるようになったことを考えると、BBTでの時間はまさに人生の転機となる2年間だったと思います。

■卒業後はBBTABCと同窓会理事会

BBTABCでの学長のクラリネット演奏

一方、卒業後は、同窓会総会(BBTABC)の実行委員や、同窓会理事会、「組織行動論」と「戦略的人材マネジメント」のTAを担当させていただきました。

BBTABCは、期を超えて同窓生から有志を募って実行委員会を立ち上げ、イベントのテーマやコンテンツを作り上げていきます。その際、「BBTで学んだ者同士」という共通基盤の上でひとつのイベントを作り上げる経験は、BBTらしい価値とはなにかを考える機会であり、また、同窓生の人脈を縦に広げられる機会だったと思います。
(私が実行委員を担当したBBTABCは、大前学長の著書『遊ぶ奴ほどよくデキる!』にちなみ、「デキる奴ほどよく遊ぶ!」というテーマで開催し、大前学長にクラリネットを、川上教授にフルートを演奏していただいたのが思い出のひとつです)

また同窓会理事会では、大原会長の代、本田会長の代の2期を務めさせていただきました。
総務担当理事として、理事会組織や同窓会会則の見直し、同窓会の情報管理、同窓会Webサイトの立ち上げ準備と、同窓会組織の活動を裏から支えてきました。

同窓会理事会では、毎回さまざまな課題を理事メンバーとBBT大学院事務局の方々と一緒に議論します。理事会は、(BBTらしく?)個性の強いメンバーが多いため、議論が白熱することもたくさんあり、BBT大学院と同窓会の価値向上を考えるとても楽しい時間でした。

■BBT大学院同窓生は一生の「同志」

こうしてBBT大学院の門を叩いた2009年から現在を振り返ってみると、在学中に学んだことはもちろんのこと、自分の知識や見聞や人脈を拡げられる同窓会活動は、自分の財産であったと感じています。それはこれからも変わりません。

UF09の同期、同じ講義を受講していたクラスメート、ともに理事を担当した仲間。
すべてのBBT大学院同窓生は一生の「同志」だと私は思っています。

同窓会活動は同窓生一人ひとりの積極的な関わりが大切です。
今後も大坪会長のもと、みなさんで同窓会を盛り上げ、BBT大学院同窓生の価値を高めていきましょう。

最後の一言は、BBT大学の校章が示すメッセージで。

「知のネットワークは人間の能力を無限に伸ばす」

卒業記念として同期で製作した


UF09 瀧澤雄一朗(たきざわ ゆういちろう)
株式会社オリエンタルランド勤務
2011年 BBT大学大学院 経営管理専攻終了
BBT大学大学院にて「組織行動論」、「戦略的人材マネジメント」 の各科目のティーチングアシスタントを担当