ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

2018年のご案内

facebook

facebook

facebook

facebook

第1弾報告、BBTABC2018!

第1弾報告、BBTABC2018!

2018年BBTABCの実行委員長をしていますUS15の八並と申します。
今回は、本年のBBTABC2018をご紹介させて頂きます。
今年のBBTABCはUS15、UF15がメインメンバーとなりつつ、他の入学年代の方々にもご協力頂き、現在、企画作成中です。

ところで皆さん、BBTを卒業していかがお過ごしでしょうか?
卒業した後、こんな事を少しでも考えた事はないですか?

  • 卒業後、在学時のように情熱をもち、時間を使っているのか…。
  • 卒業後、在学時のような多くの仲間との出会い・交流をしているのか…。
  • 卒業後、学び舎や恩師への恩返しは出来ているのか…。

このような悩みを持っている卒業生が多いのではないか?という思いから、今年の BBTABCのテーマを「REBOOT」としました。

「REBOOT」という言葉から、皆さんはどの様な事を連想するでしょう?

私達実行委員は、先輩たちが築き上げてきた、BBTABCという年に1度のこの日を「今一度、各自のブーツを履きなおし、BBT同窓生として、再起動・再点火・最出発のキッカケの日にしよう!」としました。

「REBOOT」させるために、3つのキッカケをイベント内で体験できるようにしていこうとしています。

  1. 「知を再発見するキッカケ」
  2. 「ネットワークを再発見するキッカケ」
  3. 「学び舎を再発見するキッカケ」

 今回はスペシャルなゲストもご用意(只今交渉中、失敗したらゴメンナサイ)し、新たな学びに活かして頂ければと思っています。

 また、横の繋がり(同級生)が強いBBTですが、縦の繋がりも積極的にできるイベントにしていきたいと思います。今まで名前は聞いた事あるけど、どのような人なのか?お近付きになれるチャンスを創れるイベントにしていきたいと思っています。
 それと、毎回、東京での開催がメインのため、なかなか海外にいると参加出来ない。という声も聞こえてくることから、海外からの視聴も可能に出来るイベントにしていきたいと思っています。
「今」に満足できていない方、BBTをもっと活用していきたいと思っている方、卒業してもなお新たな交流を求めている方等々、参加する「キッカケ」は人によって様々かと思います。
 今回のBBTABCはBBTを卒業し、BBTMBAフォルダーになっているにも関わらず、なかなか次の一歩に進めない方には特に御参加頂きたい趣向を凝らした内容にしていきたいと思っています。
現在、
秋谷、奥村、塩坂、東尾、杉原、武田、岩井、佐藤、伊賀、木村、小湊、三浦、福田、上村、山下、本多、秋山、藤田、馬場、八並(順不同、敬称略)
を主要メンバーにて企画・運営を作成中です。
当日、お手伝い頂ける方、常時募集しています。
御協力頂ける方、この窓、個人宛でも構いません。
ご連絡、お待ちしています!

【開催概要】
●日時:6月9日(土)12時頃〜16時頃予定
●場所:アキバプラザ(東京秋葉原駅近く)
※BBTABC終了後、移動して二次会、開催予定となっています。

詳細は、改めて御連絡させて頂きます。
まずは、約3ヶ月先の予定になりますが、日程を空けておいてください!
当日、皆さんにお会いし、新たなネットワークを築ける事を楽しみにしています!!
皆で「REBOOT」しましょう!!!

ALUMNI MISSION

本同窓会は、BBT大学院同窓生間の親睦を図り、会員相互のネットワークを活性化し、
各会員の事業の成功を相互扶助することに努めるとともに、BBT大学院の発展に貢献していきます。

また、同窓生が切磋琢磨しながら有形無形の形で結びつき、同大学院の建学の精神に則り、
ビジネス社会をはじめとした各界で活躍することにより、世界社会に貢献することを目指します。
ALUMNI  MISSION

BBTABC
BBT Alumni Business Conference
BBT大学院修了生による社会価値向上を促進するために

切磋琢磨と叱咤激励による、イノベーションの意欲の触発、建学の精神の再認識
BBT 大学大学院修了生全期一斉の「その後」を集結したカンファレンス。修了生の活躍を可視化することをきっかけに、大企業内、ベンチャー問わずイノベーションを起こす意欲を触発し、また建学の精神の意義を再認識する機会を目指します。また毎年100人以上増加する新修了生を含む、修了全期が加わるプログラム構成により、修了生相互の横断的なコミュニケーションを創発し、良好な関係を醸成していきます。

学舎への貢献
益々発展していく学舎の修了生として、学舎への貢献機会の認識と、貢献の向上を図り、新たに学び会う仲間への継続的に発展していく力を生み出していきます。


Media Information

More