ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

The Only Constant is Change! あなたは変わりましたか? US14阿久津拓光

同窓生コラム The Only Constant is Change! あなたは変わりましたか?

みなさんお元気ですか! GMBA US14の阿久津です。

今回同期の(というよりBBT大学院の)スーパースター堀さんより、光栄にもリクエストを頂き、コラムに執筆させて頂くことになりました。
それではBBT大学院在学中・卒業から現在に至るまで、「変わったこと」に関して振り返ってみたいと思います。

始めに「考え方」が変わった

GMBA在学中、本当に素晴らしい先生と学友との出会いこそが宝物でした。

大前学長の毎週の講義とRTOCSは自分の視点を大きく広げてくれましたし、「起業論」の松本先生の熱い思いにモチベートされたり、「企業変革」の宇田先生の変革のリーダーとして戦う姿勢に勇気づけられたり、「Global Leadership and Corporate Transformation」の会田先生の講義で、それまで学んだことが全て頭の中で繋がる「Aha」体験をしたり、、今でも時間を見つけて講義を拝聴させて頂いており、そのたびに新た学びを得ています。

同じく、忙しい日々の仕事をこなしながら「何かを成し遂げたい」という強いAspirationを持った多種多様な年代・職種のみんな(まさにDiversity)と一緒に学べたことは感謝しかありません。自分よりも高いレベルのみんなと切磋琢磨する中で、「何が自分自身の強みなのか」を真剣に考えざるを得ませんでした。

とても悲しいこともありました。卒業後でしたが、本当に残念ながらもう会うことの叶わない仲間もいます。人生は有限であることを強烈に意識していくようになりました。

そして、激動の2年間を終えた卒業式で、大前学長から贈られた3つの言葉は、それからの自分のシンプルな行動指針となっていきます。

  • 自分に限界を設けない
  • 目線を上げる
  • 自分だけの、「尖り」を作る

BBT大学院に関わったことが、確実に自分の考え方を変えていったのでした。

次に「行動」が変わった

卒業した2016年からは、今まで学びに振り分けていた時間を全て仕事に、「いま・ここ」で、結果を出すために集中しました。会社自体が大きな変革の時を向かえていましたが、自分のコントロールできる範囲だけを意識し、GMBAでの学びを実際の仕事に活かすことを考えました。

大前学長の3つの言葉を自分なりに解釈しながら。
・自分に限界を設けない・・・自分は絶対に成長し続けられると信じ、決して満足しない。どの偉人でも社長でも大前学長だって同じ人間。成れないはずはない。

・目線を上げる・・・刺激を受け合える人と付き合う。自分を高いレベルの中に置き続ける。「まだ実力が足らないな。。」と思える環境を自分から求める。世界は広い!

・自分だけの、「尖り」を作る・・・今までの経験の中での「自分の強み」と徹底的に向き合い、「新しい学び」を組み合わせることで、会社外でも通用するプロフェッショナルに必ずなっていく。

そしてあとは愚直に続けていく。Executionの日々でした。それは今も変わりません。

そして「結果」が変わった

大学院を卒業した2016年は、担当製品に恵まれたこともあり最終的に大きな成長をリードすることが出来、チームとしてCEO Awardを頂く結果を出せ、自分の考え方・行動が正しいという自信に繋がりました。

2017年は、「継続的な結果を出す」ことと「目線を上げる=新たな環境に身を置く」ために、社内のあらゆるリーダーとの対話を重ねていきました。ヘルスケアビジネスの APAC CEOがMBAホルダーでもあることから幸運にも親しくして頂き、世界レベルで活躍するリーダーがどういった振る舞い(Attitude)をするのか、間近で学ぶことが出来ました。
そして「自分がリーダーとして、どうやって社会、顧客そして会社に貢献できるのか?」と問い続けました。

余談ですが、大前学長の掲げる「Lifetime Empowerment」ではないですが、今の会社のGMレベルは必ずMBAかPhDなどの学位を持っています。確かにMBAは単なる学位にすぎないのですが、「仕事での経験と新しいことを学び続ける姿勢を持っている人材」というシグナルになっていると強く感じています。

2018年からは、X線関連のAPAC事業開発本部部長という職責を頂くことになりました。長くなるので詳細は省きますが、Business Developmentって何?と悩みながらも楽しく日々奮闘しています。
この新しいチャレンジはBBT大学院での2年間が大きな変曲点であり、新しい成長カーブを自分で描こうと願い、行動した結果だったと考えています。

そして、まだまだ自分の物語は続いています。この世界で唯一「変わらないこと」は「変わり続けること」=The Only Constant is Changeという言葉を噛みしめながら・・。

最後に一言

Don’t think it so seriously!

大前学長の言葉で自分の好きな言葉です。どんな状況であっても、最後にはやっぱり深刻になり過ぎない、楽観的に仕事をする人の方が一緒にいても楽しいですよね?悩み過ぎても、自分を責めてもしょうがない。何だかいつも元気で楽しそうな人になれたらと思っていますし、BBT大学院同窓会もそういう人たちのグループになれたらいいなと考えています。

またどこかの機会で是非お話をしましょう!

最後に「BBT大学院に入ろう」と決断した4年前の自分と、その背中を推してくれた妻にとても感謝しています。



US14 阿久津拓光
東京学芸大学附属高校卒
早稲田大学大学院 機械工学専攻卒
GEヘルスケア・ジャパンにて勤務。
プロダクトセールススペシャリスト、プロダクトマーケティングスペシャリスト等を得て、現在、X線事業開発部部長としてGlobalとLocalの仲間たちと切磋琢磨し、新しいビジネスモデルを構想中。
何よりお客様を理解し、成し遂げたいことに寄り添うことが喜び。