ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

誰もが自分らしく生きる世界 US14山田邦永

誰もが自分らしく生きる世界 US14山田邦永

誰もが自分らしく生きる世界 US14山田邦永

私にとってのBBTでの学び

画家は白いキャンバスに絵筆で命を吹き込み新しい世界を創り出します。
陶芸家は土の塊にろくろで命を吹き込み新しい世界を創り出します。
彫刻家は大木に彫刻刀で命を吹き込み新しい世界を創り出します。
私はこの社会にBBTでの学びで命を吹き込み新しい世界を創り出します。

私にとっての「新しい世界」

「誰もが自分らしく生きる世界」を創り出す―これは私がBBT入学選考に際して提出したエッセイにBBTで学ぶ動機として記載したことであり、これが私の創り出したい「新しい世界」です。私は、自分らしく生きること、つまり個性を発揮することこそが、世界に彩を添え豊かにしていく動力源であると信じています。

私はこれまでにアジア、アフリカ、南米の発展途上にある20ヶ国を旅してきました。その過程で、個性を発揮できる状況にない、さまざまな現状を目の当たりにしてきました。これは、「マズローの欲求五階層説」で言うところの、第一階層「生理的欲求」及び第二階層「安全欲求」のために、ほぼ全ての時間を注がざるを得ない状況と言えるでしょう。例えば、インドの田舎を鉄道で訪問したときのことです。プラットホームで電車を待っていたものの霧の影響で電車が止まってしまい、結局8時間プラットフォームで待っていたことがありました。この待ち時間は、駅周辺で生活をするストリートチルドレンの様子を図らずもじっくりと「観察」する機会となりました。子供たちはその日の空腹を凌ぐだけのために、靴さえはかず、駅でゴミを集めて生計をたてていました。学校へ通って教育を受けている様子はありませんでした。

個性を発揮できるようになる、とは、第三階層以降の「社会的欲求」、「尊厳欲求」そして「自己実現欲求」のために注ぐ時間が、より増加していくことであり、大前提として少なくとも下位二階層「生理的欲求」及び「安全欲求」がある程度満たされる必要があると考えています。下位二階層を満たすことを阻む原因は各地域によりさまざまであり、解決方法は1つではありません。その中で私は今、ビジネスの観点での支援が解決の糸口のなり得る地域にて、「誰もが自分らしく生きる世界」を創り出したいと考えています。そのための取り組みは今の私にとって、「自己実現欲求」を追求することに他なりません。

自己実現としての青年海外協力隊

私は今、ベトナムの地方産業の持続的な発展を支援しているVIRIというNGOで、青年海外協力隊として活動しています。VIRIは1997年にベトナム民族人類協会によって設立され、ベトナム科学技術省により認可されたNGOです。またVIRIは、世界フェアトレード機関(World Fair Trade Organization)から国際フェアトレード組織として認められたベトナム唯一の組織です。

ここで私は、VIRIのこれまでの20年の実績を踏まえ、これからの10年でより強固なNGOとなるための組織変革を支援しています。

VIRIは農産品から各種商品を開発する技術力に大きな強みを持っております。一方、その技術力を生かして開発した商品のブランディングに課題があり、青年海外協力隊「マーケティング職種」の派遣要請がありました。元々の要請にあったパッケージの改善提案などの製品レベルでの取り組みに留まらず、ブランド力を強化するため、観光ガイドブックや航空会社の機内雑誌などとの協業や世界中のバイヤーの集まる展示会への出展も支援しています。更に、VIRIの持っているベトナム全土の農村地区との広範にわたるネットワークを生かして、ベトナム国内外の美術館などとともに文化価値を創造する取り組みなども進めています。ステークホルダーは、公的機関および企業のそれぞれにおいて、農村・省・国・連合体・世界レベルにわたります。非常にチャレンジングな取り組みばかりで、毎日楽しみながら活動を進めています。

人生の目標

2019年9月に青年海外協力隊としての任期を終えた後、この地球上のどこで何に取り組んでいるか、現時点では想像がつきません。日本国内なのか、他の先進国なのか、途上国なのか。また、農村レベルなのか、国レベルなのか、世界レベルなのか。いずれにしても、私はこの社会にBBTでの学びで命を吹き込み新しい世界を創り出します。

プロフィール

1983年生まれ。愛知県出身。東京大学農学部生命工学専攻卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専修修士課程修了(分子生物学)、ビジネス・ブレークスルー大学大学院修士課程修了(US14 GMBA)。元ファイザー勤務、元ジョンソン・エンド・ジョンソン勤務(R&D)。青年海外協力隊としてベトナムのNGO、VIRIで活動中(任期:2017年10月~2019年9月、活動内容:VIETJOインタビューベトナムニュース記事 、VIETJO Lifeコラム参照)。