ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

facebook

facebook

facebook

facebook

「駐在員の妻」からの脱却が人生の転機 US14 金倉佐知子

「駐在員の妻」からの脱却が人生の転機 US14 金倉佐知子

1999年、主人の転勤を機に、アメリカ・シリコンバレーに移住しました。主人は、シリコンバレーのスタートアップとのジョイントプロジェクトで、「世界初」「世界一」という技術開発に没頭している中、私は、日本で勤めていた会社を辞めて移住し、急に「駐在員の妻」となってしまいました。

その1年後、会社は、「プロジェクト」に見切りをつけたのですが、主人は、「会社の決断」に見切りをつけ退職。シリコンバレーのスタートアップに転職してしまいました。「給料はたくさんあげられないけど、ストックオプションを」と勿体つけながらストックオプションをもらい、半減した給料の補填をしてくれましたが、「この株券、お金になるのかしら」と不安な生活が始まりました。

「この先、ず~~っとアメリカに住むんだ」という重圧がきっかけで、初めて私は「何になりたいのか」「何をやりたいのか」を真剣に考えることになりました。

英語では太刀打ちできなくても、数字は万国共通

ずっと会社が税金申告をしてくれていた甘い生活が一変して、自分で税金申告をしないといけないこととなり、転職後、初の税金申告時には、多額の罰金を払う結果となりました。「ちゃんと税金は天引きされていたはず・・・なのに何故?」。知らなければ損をする。誰も教えてくれない。自己責任の社会なんだと痛感。それを機に、英語のみならず、アメリカの税法及び会計も学ぶ決意をし、「英語では太刀打ちできなくても数字は万国共通だから、会計士になれば、私もまた社会に出て働けるかも」と思い、米国公認会計士の資格取得に向けての勉強を始めました。

常識を覆すシリコンバレーの経営者たちとの出会い

会計単位の取得及び国家試験のために勉強に費やした年数は6年。合格通知を受け取った時は、「やっと合格できた」というのが正直な気持ち。でも、「嬉しい」という感情すら出てこないくらいに疲れ果てていました。

シリコンバレーで初めての就職活動。会計事務所に就職し、税務、給与計算、決算書の作成と経験を積んで、監査法人に転職した時のこと。赤字だらけで黒字の傾向すらないスタートアップの経営者は、とても前向き。将来の見通しを聞くと、嬉しそうに夢を語ってくれる。「この決算書を手にしたら、凹むのが普通・・・」と、つぶやいた私に、当時の上司が、経営の勉強をしてみたら、と、薦めてくれました。

同じ学ぶなら最高の経営者(大前学長)から学びたかった

MBAの取得を考えた時、シリコンバレーの大学に入学することも考えました。あちこちの大学のパンフレットを取り寄せ、検討を重ねる中、大前さんが大学を開設したことをネットで知りました。同じ経営を勉強するのなら最高の経営者から学びたい、と思いBBT大学2年生に編入。その後、学部・修士一貫教育制度を経て、2016年3月に経営管理専攻を修了しました。

MBAは最低限必要な学歴だった

シリコンバレーは、超高学歴の人たちが世界中から集まってきています。日本一、台湾一、中国一という大学出身の人たち、大学院卒、博士号の人たちに囲まれ、米国公認会計士の資格を持っているだけでは、「普通の人」だったのです。競争の激しいシリコンバレーでは、私にとってMBAは最低限必要な学歴でした。

すべてが血となり肉となる

経営を学ぶのに仕事を辞めたら本末転倒だと思い、限られた時間と体力の中で、学びの時間を捻出するためには、家族との時間、寝る時間、遊ぶ時間、休む時間を削らざるを得ませんでした。「削ったもの(失ったもの)」以上に、「得たもの」は比べ物にならないくらいに多く、「せっかく入学したんだから、家に帰ってきたら、勉強に専念していいよ」と言って協力してくれた主人に感謝。そして、何よりも、志を高く持つ多くの仲間に出会いました。

タイピングのし過ぎでけんしょう炎を患いましたし、仕事や課題の締め切りに追われる毎日から、帯状疱疹も煩いました。半端なく忙しい毎日でしたが、楽しかったです。今も、学部のLAをさせていただいており、学生に逆ギレされると凹むこともありますが、とても楽しいです。

現在

卒業を前にして、会計事務所を退職し、半導体のスタートアップに就職しました。例の「何の明るい兆しが見えない決算書を手に夢を語った」CEOから仕事のOfferをもらい、転職しました。いくら、米国公認会計士の資格とMBAを持っていても、私はまだ、このシリコンバレーでは「普通の人」です。でも、「今やっていることを精一杯がんばる。」「自分にしか出来ないことを探す。問い、求め続ける。」という大前学長の励ましのメッセージを胸に、出会ったBBTの仲間と、そしてこれから出会うBBTの仲間と刺激しあっていきたいと思っています。

 

 

 

US14 金倉佐知子(かねくら さちこ)
京都生まれ、大阪育ち。
日本銀行大阪支店に入行。
1999年まで預金保険機構にて勤務。
1999年にアメリカ・カリフォルニア州に移住。
現在は、カリフォルニア州マウンテンビュー市在住。
2009年、米国公認会計士の資格取得後、会計事務所に6年、勤務。
現在は、半導体のメーカーの経理部門に勤務。
2016年 BBT大学大学院 経営管理専攻終了
BBT大学にて「グロ経」「財務会計」「管理会計」「会計入門「ベンチャーファイナンス」の各科目のLAを担当

 

 

ALUMNI MISSION

本同窓会は、BBT大学院同窓生間の親睦を図り、会員相互のネットワークを活性化し、
各会員の事業の成功を相互扶助することに努めるとともに、BBT大学院の発展に貢献していきます。

また、同窓生が切磋琢磨しながら有形無形の形で結びつき、同大学院の建学の精神に則り、
ビジネス社会をはじめとした各界で活躍することにより、世界社会に貢献することを目指します。
ALUMNI  MISSION

BBTABC
BBT Alumni Business Conference
BBT大学院修了生による社会価値向上を促進するために

切磋琢磨と叱咤激励による、イノベーションの意欲の触発、建学の精神の再認識
BBT 大学大学院修了生全期一斉の「その後」を集結したカンファレンス。修了生の活躍を可視化することをきっかけに、大企業内、ベンチャー問わずイノベーションを起こす意欲を触発し、また建学の精神の意義を再認識する機会を目指します。また毎年100人以上増加する新修了生を含む、修了全期が加わるプログラム構成により、修了生相互の横断的なコミュニケーションを創発し、良好な関係を醸成していきます。

学舎への貢献
益々発展していく学舎の修了生として、学舎への貢献機会の認識と、貢献の向上を図り、新たに学び会う仲間への継続的に発展していく力を生み出していきます。


Media Information

More