ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

自ら学びの場を作り仲間と成長する UF15 高木積徳

自ら学びの場を作り仲間と成長する UF15 高木積徳

  2018年5月29日に大阪駅周辺のグランフロント北館7階で炭谷先生に「自分の人生を活きることと、尖った人材」という題材で講演をして頂きました。参加者は、BBT関係だけでなく、一般の会社員や、経営者の方もご参加頂き、講演からワークショップ、懇親会を含め、大変有意義な時間となりました。

▼主催する側の面白さ
・講演の主催をやってみて感じたこと

面白いと感じたことは、講演後、周りからの「ありがとう」がたくさん集まることです。参加者、協力者、先生からも、やってよかった、来てよかったと言われた時は、心の中で達成感が湧き起こりました。後、たくさんの協力者と接することで学ぶことが多かったことです。自分の発案した内容が認められ、協力者とディスカッションして一人では思いつかないアイディアが出たり、普段飲み会以外で交わることのない人との深い交流を通して、得ることが沢山ありました。自分が手を上げてやると決めたことを、協力者と共にその日のために、言葉通り一丸となり、成功イメージにできるだけ近づける過程も楽しかったです。

このような会は、東京で開催されることが多く、大阪では数が少ないため参加者の方も貴重なお話が聞けたと、喜んで頂けました。BBTの存在を知らない方に、BBT特有の勉強法を説明したり、など、興味を持って貰え、BBTの卒業生や現役生の方の積極性に驚いていました。

・自ら動くということ
自分が言い出したこともあったせいか、講演が全て終了した後、私の心の中には「感謝」の一文字でした。参加者様に感謝、講師に感謝、起活会で協力して頂いた方に感謝です。他ではなかなか得ることができない充実した心境でした。

元々、三方良しになる会にしたかったので、講師、参加者、協力者が良しとなる結果をイメージして、運行を進め、少しは近づけたかと思います。

▼講演で学んだ尖った人材とは
私が今まで個人的に考えてきた尖った人材と、今回の講演会を通して理解した内容を記載したいと思います。

・考え方で尖っている人と、能力で尖っている人
今回の講演とミニワークを通して発見した尖った人材とは、考え方で尖っている人と、能力で尖っている人がいることです。
考え方の部分で尖っている人というのは、人と違った視点や案を持っている人で、組織の方向性を導き出し、突き進める人です。
能力の上で尖っている人とは、プロのスポーツ選手や大学教授、一流芸術家、一流料理人などです。個人の能力で、人を幸せにする力、プロと呼ばれ多くの第三者から強く求められる人です。

・人それぞれの人生感の持ち方で尖り方が変わる
上記の分類もその人がどのような人生を送りたいかで、方向性が変わってくると思います。例えば、考え方が尖っている経営者が金持ちになりたいと夢を描いた場合、稼ぐための方法や能力を突き詰めていくでしょうし、世の中を豊かにしたい人は、全体を良くし、人のためになるような尖り方になり、持って生まれた能力の使い方、尖らせ方が変わりると思います。

・尖った人材とは、自然に自分の人生を活きている
自分の能力を尖らせるためには、探求心が必要と思います。興味があることを探求し続ける能力です。没頭してしまう能力や、自然と探求心が沸き起こり突き進めてしてしまう能力です。その行動をとることで、自然と自分らしさが出て来ます。一律に満遍なく自分の能力を引き出すのではなく、自分の進みたい方向に進むことで自然と自分の人生を活きることになると思います。その辺りで今回ご講演頂いた炭谷先生が10年経営されている、ラーンネットグローバルスクールのご経験が特に関連性が強く、とても興味深い講演内容となりました。

起活会のクレドである「自分の人生を活きる事を起業と定義する」があり、私は自分が自発的にやりたいことをすることが自分の人生を活きることに繋がると考えています。

▼「尖った人材」というテーマになぜ、着目したか?
・今後どのような人材になりたいかを考えることがきっかけ

今後、どのような人材になるかを考えた時に、大前学長や炭谷先生の「尖った人材」という言葉が思いあたり、自分で具体的に尖った人材がどのようなものか考えたのがきっかけでした。能力が突出している人か、性格がツンツンしている人なのか、能力はあるが人の意見を聞かない人なのか、協調性がない人なのか、自分の信念を貫き行動し続けることができる人なのかと、色々考えた結果、講演の内容は、全く違うものでした。

・BBT大学院に入学したからには!
BBT大学院に入ったからには、一味違う人材になりたいと思っています。特に、行動する人になりたいです。まだ、小さなことしかできませんが、いずれ影響力の大きいことにも取り組んで行きたいと思います。BBTで得た知識や考え方や、これまで出会った方々から教えて頂いたことをどんどん世の中に発信していきたいと思います。

プロフィール

大阪府高槻市在中。2010年に他業界から、現職の産業機器メーカーに転職。現在は営業職として業務を行う。2014年に問題発見入門を受講後、2015年秋にBBT大学院入学、現在に至る。