ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

同窓生コラム

自分と世界を信頼する US13 森井俊秀

自分と世界を信頼する US13 森井俊秀

人生の転機
40歳を目前にした私は勘と経験、勢いだけを頼りに歩んできたこれまでのキャリアに行き詰まりを感じ、明るい将来を見通せなくなっていた。仕事に遣り甲斐あるものの課題が思うように解決していかない現実にこのままでは任された組織、優秀なチームメンバーの能力をも無駄にしてしまうとも感じていた。何とかしたいという思いが入学動機。今振り返るとチームメンバーの仕事への直向きな姿勢や家族の純粋な眼差しがビジネススクールへの入学を後押ししてくれたように思う。結果的にBBT入学が人生の転機となった。

知のネットワークに感謝
問題解決の手法などビジネスに必要なスキルの習得を目的に入学したBBTでは仕事と学業の両立に苦しんだが今振り返るととても充実した2年間だった。最初の頃はペースがつかめず、まさかこの歳で徹夜をする羽目になるとは思いもしなかったし、家族に迷惑を掛けずに集中できる環境を求めレンタルした学習室に入り浸るという生活も想定外だった。知のネットワークと称するAir Campusでは年齢、職業、職制といった社会での肩書のようなものは一切関係なく学友としてただフラットにディスカッションし、それぞれの発言や体験、思いも寄らぬ質問等によって深い思考と広い視野を得た。みんな真剣だからこそ文字にするとたった一行程度の考えをAir Campusに投稿するために30分以上を費やすこともしばしば。「投稿に値するのか?この表現で伝わるか?論理矛盾はないか?どうみられるだろうか?」と言ったことが頭の中を駆け廻りなかなか投稿できなかった。一方、講義で学んだことやクラスメイトのノウハウやアイデアを職場活用した際に実感した成果が遣り甲斐に繋がった。パクリまくったノウハウは今でもフル活用している。知のネットワークに感謝。

大海原を航海中
結果的に入学時に習得したいと思っていた以上のものを得ることができた。それは単なるスキルだけではなく生き方そのものだと思っている。これまでとは異なる枠組みの外に身を置くことで、社外の色々な人たちに出会い、様々な体験に触れ、通常の生活では得にくい刺激を得ながら生きていくことの楽しさ。その新しいネットワークの展開は今でも続いている。

結局はチャレンジした人だけが学びとれる世界があるということに気づいた。大切なことは自分の意思で選択すること。意思の力で決めると最適な環境がついてくる。

卒業後の私は人としての器の成長が問われる経営の道にいる。これまでとは違う景色の中で自分と世界を信頼し大海原を航海している。以前は自分のやり方を突き通して、力強くボートを漕いでいたから、色々な抵抗も多く漕いでいる割になかなか進まなかったけれど、だからこそ進んだ時に得られる達成感があった。今は力を入れなくてもスッスッと前が開けていく。進むペースが確実に加速していると感じている。



プロフィール 森井 俊秀

1974年生まれ。大手計量器メーカーに新卒入社し営業としてのキャリアを経る。
2015年にBBT大学院を卒業し翌年より関連子会社の代表取締役を務める。現在はコーチングを勉強中。