ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

教授からのメッセージ

学長 大前 研一

メッセージ
ビジネス・ブレークスルー大学学長
株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長
(株)大前・アンド・アソシエーツ
(株)大前・ビジネス・ディベロップメンツ
(株)ジェネラル・サービシーズ(GSI)の創業者兼取締役
アカデミー・キャピタル・インベストメンツ(ACI)
IDTインターナショナルの取締役
オーストラリアのボンド大学の評議員(Trustee)兼客員教授
韓国の梨花大学国際大学院名誉教授
高麗大学名誉客員教授
ペンシルベニア大学ウォートンスクールSEIセンターのボードメンバー
中国遼寧省および天津市の経済顧問

Message

同窓会の皆さん、
2005年4月にゼロからスタートした“BBT大学院大学“は、皆さんの参加・協力で歩み続け、2017年3月には修了生が1000名を越すに至りました。これも同窓会の皆さんのご尽力の賜物と心より感謝申し上げます。

さて、同窓会も1000名を越し、大企業並みの組織となりました。そして今後も毎年成長していくと思いますが、大企業病という老化現象に陥らずにいつまでも若々しい体質を保っていってもらいたいものです。その秘訣は、一人ひとりが母校の動向に関心を持ち、運営にも積極的に参加することです。私がよく言っているのは自分を変える3つの方法です。皆さんは在学中、サイバー空間上のACの住民となり自己変革をやり遂げてきました。多くの人がBBTに入って変わったと言っていますが、まさに住む場所と付き合う人が変わったからです。これからもACの住民として、旧交を温めるだけでなく新しい出会いを見出し、会社の経営や社会問題などに積極的に貢献していただきたいと思います。また、世の中が日進月歩で進化していますので、自身も引き続き新しい学びに挑戦し続けていただきたいと願っています。私自身も医者から「糖尿病予備軍」と言われて早朝の1時間の散歩を加え、食べ物や酒に注意して血糖値を正常に戻しました。生涯身も心も頭も健康を保ってやるぞ!と決意することが肝心、と思っています。

多くの修了生の方にはTA、LA、そして教員などとして後進の指導をしていただいていますが、エバンジェリストとしてBBTの普及活動を行っていただいたり、新しい同士を紹介いただいたり引き続きご支援をお願いします。BBTをいつまでも皆さんが誇りを持って語っていただけるように我々も努力しますが、皆さんの積極的な関心、関与、貢献がその原動力となります。

自分の友人を紹介したくなる母校。子供を入れたくなる母校。
10年後、20年後、世界中から国籍、人種、宗教を問わず、グローバルリーダーとして経営を目指す人が集う母校。そして、孫が入学したいと言う母校。
そんな母校の成長と発展を同窓会の皆さんと一緒に歩んでいきたいと心から思っています。

2017年8月吉日
ビジネス・ブレークスルー大学
学長 大前研一