ビジネス・ブレークスルー大学大学院 同窓会

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の同窓会交流サイトです

沿革・運営組織

facebook

facebook

facebook

facebook

Overview

ビジネス・ブレークスルー大学大学院(以下、BBT大学院)同窓会とはBBT大学院のすべての修了生から構成される同窓会組織です。
修了後も「知のネットワーク」で繋がり、ビジネスの相談、起業のサポート、学び合い、など、修了生同士が自らの価値を高め合うことを目的としています。

History

2005年4月 BBT大学院 第1期生(US05期)が入学
2005年10月 第2期生(UF05期)が入学年に二度、春期(4月)と秋期(10月)に入学生が誕生
2007年4月 BBT大学院 US05期が修了
2008年11月 BBT大学院同窓会発足。第1期 同窓会理事会 発足第1回 同窓会総会開催
2010年5月 第1回 BBT Alumni Business Conference(BBTABC)開催以降、年に一度、BBTABC(※)を開催
2013年10月 第2期 同窓会理事会 発足
2015年10月 第3期 同窓会理事会 発足
2017年4月 会員数(大学院修了生)1000人突破現在の会員数1040人(2017年4月時点)

※BBTABCとは…修了生によって結成されたビジネス・カンファレンス。修了生が起業したビジネスやビジネス成果を発表する場

Organizations

各期から選任される「同窓会運営委員」が中心となって同窓会活動は運営されています。また、同窓会運営委員から選任された会長(1名)と理事(2名以上)、および、BBT大学院から選任された事務局長(1名)で構成された「同窓会役員」が、同窓会とBBT大学院の発展や会員の支援に向けた活動方針を決定しています。

運営組織

Greeting

修了後にこそ始まる真のBBTLIFEを共に歩みましょう

ご存知の通り、BBTは「教えない大学院」です。ましてや、MBAは義務教育ではないし、修了していなくても「成功者」と呼ばれる人材はいます。では我々は何故BBTに敢えて入学したのか。修了し、その後に同窓会を活用する価値は何か。何故、私たちは自発的に学んだのか。答えは無限です。学んだヒト、学び方、思いの数だけの答え、ストーリーがあると思います。

その中で私が思い至った一つの「答え」があります。我々はAC経由で多様な科目、日進月歩な先端領域、トピックスを議論しあい、自己の考えを成長させてきました。最終的に我々が「ビジネスパースン及び、個としての人生」、「家族、同僚、大事な方々の人生」に何らかのプラスの影響を相互に及ぼし、より満足度の高い人生を歩んでいくための礎を築くために、学んだのだと思います

各科目を履修、更に卒業研究を潜り抜けることは、非常にハードです。受動的な態度では超えられない壁ばかりです。様々な制約のある社会人がソコを乗り超えて知見を獲得することは大変意義深いと思いますが、我々はそこで終わって本当に良いのでしょうか。我々は個人の力量でも学び直しをすることは可能です。しかし、ここには在校生を含めておよそ1500名の同窓生がおります。その中には身近な同期にはない異質な価値観、背景を持った尖った人材=まだ見ぬ宝も多く「埋蔵」されています。これらを修了後に「採掘」し、自由に交流できる、集団で学び直しができることこそ、我々のみが持つ強みです。人生を通して常に新たな価値観を発見していくことこそ、真のBBTLIFEではないでしょうか。

同窓会組織はそのための大きな基盤として最新情報を提供し、皆さん及び各地域活動の支援、サポートをさせて頂ければと存じます。同窓会を利用し、ご自身の知的ネットワークを自在に拡大させて下さい。共に前進して参りましょう。宜しくお願い申し上げます。

 

2019年09月吉日
ビジネス・ブレークスルー大学大学院同窓会
会長 松崎寛

ALUMNI MISSION

本同窓会は、BBT大学院同窓生間の親睦を図り、会員相互のネットワークを活性化し、
各会員の事業の成功を相互扶助することに努めるとともに、BBT大学院の発展に貢献していきます。

また、同窓生が切磋琢磨しながら有形無形の形で結びつき、同大学院の建学の精神に則り、
ビジネス社会をはじめとした各界で活躍することにより、世界社会に貢献することを目指します。
ALUMNI  MISSION

BBTABC
BBT Alumni Business Conference
BBT大学院修了生による社会価値向上を促進するために

切磋琢磨と叱咤激励による、イノベーションの意欲の触発、建学の精神の再認識
BBT 大学大学院修了生全期一斉の「その後」を集結したカンファレンス。修了生の活躍を可視化することをきっかけに、大企業内、ベンチャー問わずイノベーションを起こす意欲を触発し、また建学の精神の意義を再認識する機会を目指します。また毎年100人以上増加する新修了生を含む、修了全期が加わるプログラム構成により、修了生相互の横断的なコミュニケーションを創発し、良好な関係を醸成していきます。

学舎への貢献
益々発展していく学舎の修了生として、学舎への貢献機会の認識と、貢献の向上を図り、新たに学び会う仲間への継続的に発展していく力を生み出していきます。


Media Information

More